v5.0.0-beta104 がリリースされました。

GDevelop v5.0.0-beta104 がリリースされたので、今回も個人的に気になった主な更新内容をピックアップしてみました!

✨ 新機能

Tilemap オブジェクトの追加

ついに来ました念願のタイルマップ機能!🎉

このオブジェクトを使用することで、外部エディターの Tiled で作成したタイルマップを GDevelop に組み込むことができるようになります。

まだ、「実験的なオブジェクト」の段階で、機能的にも制限は少なくないですが、RPG など多くのゲームで活用できる機能なので、より幅広いジャンルのゲームが、より作りやすくなることでしょう。

さらに、Wiki のドキュメントは既に日本語化されています👏(YU-TANG さんに感謝!)

GDevelop Wiki タイルマップオブジェクト

実はエディター内の翻訳も既に完了しているのですが、今回のバージョンには反映されていないようです。
次のバージョンアップに期待しましょう。

トップダウン移動ビヘイビアがアイソメトリの移動に対応

ナンノコッチャかもしれませんが、これは斜め上から見るクォータービュー形式の移動にも対応したということです。

戦略シミュレーションなどでよくある、ひし形マップの移動にも利用できるようになりました。
※まだ Tilemap オブジェクトはアイソメトリック(クォータービュー)形式には対応していない点に注意してください。

💝 改善点

AdMob 拡張機能の更新

既に AdMob を利用しているゲームは要注意です。

今回の更新でアプリ ID が Android 用と iOS 用に分離されました。

アプリをエクスポートする前にアプリ ID を設定し直す必要があります。
やらないと、起動時に終了するそうですw

プレビューウィンドウのメニューバーを非表示化

地味な変更ですが、ゲームをプレビューした時に表示されるウィンドウから、メニューバーが消えました。

まぁ個人的には Developer Tools を表示するくらいしか使い道はなかったので、消えてよかったと思います。

なお、環境設定から表示するように変更することも可能です。

その他

私が今回ピックアップしたこと以外にも、多くの新機能や改善点、またバグの修正がおこなわれています。

詳細は GitHub の v5.0.0-beta104 ページをチェック!

コメント

このブログの人気の投稿

GDevelop の「イベント」を正しく理解しよう

タイルスプライトで作る流れる背景