GDevelop でシンプルなボタンの作り方

基本的なことなのに意外とボタンの作り方って情報が少ないので、私流の方法ですが作り方を紹介します。

ここでは、クリックするとアクションするだけの、最も単純なボタンの作り方を紹介します。

もう少し手の込んだボタンが作成したい場合は「マウスオーバーできるボタンの作り方」をご覧ください。

1. スプライトを用意する

ボタン用のオブジェクトには、主にスプライトオブジェクトかパネルスプライト(9パッチ)が利用されます。

用意できたらシーンに配置しましょう。

2. イベントを組む

「マウスボタンを放した直後」と「カーソル/タッチはオブジェクト上にある」の条件を組み合わせて、イベントを作りましょう。

↓この条件と、

↓この条件を使って、

↓こんな感じにします(雑w)

この例では、ボタンをクリックするとシーンの背景色が変わります。

ポイントは、マウスを押しているかチェックしてから、サブイベントでどのボタンの上にカーソルがあるかをチェックしている点です。

↓下の画像のように個別にチェックしても機能しますが、複数のボタンがあるシーンでは、先の例に比べると無駄な処理が発生してしまいます。(同じチェックを繰り返しています)

サブイベントを利用して、効率よく処理できるように組みましょう😉

おしまい!

コメント

このブログの人気の投稿

GDevelop の「イベント」を正しく理解しよう

ブラウザ上で動く GDevelop オンライン版を試してみた感想

GDevelop v5.0.0-beta104 がリリースされました。