ここ最近の GDevelop バージョンアップまとめ

今更ながら明けおめです🎍

メジャーバージョンアップした GDevelop 5.1.147 以降のバージョンアップまとめ記事はサボっていましたが、それから3ヶ月でこれまただいぶ変わりましたので、年明けしたこのタイミングでザックリとまとめてみました。

今まで以上に手抜きですが今年もよろしくお願いします🤤

5.1.148 ~ 5.1.149

  • なんかいろいろ UI / UX の改善
  • パーティクルオブジェクトの条件と式をいくつか追加
  • タイマー、Tween、その他の拡張機能のオートコンプリートを追加
  • レイヤーパネルでレイヤーをドラッグアンドドロップできるように改善
  • 「ドラッグ可能なオブジェクト」ビヘイビアに、「ドロップされた」条件を追加
  • イベントで使用されているのに定義はされていない変数もオートコンプリートされるように改善
    • ただし環境設定で「イベントで使われているが変数リストで宣言されていない変数名を提案(オートコンプリート)する」を ON にする必要があります。
  • パーティクルオブジェクトのバグをいくつか修正

などなど……

5.1.150 ~ 5.1.151

  • なんかいろいろ UI / UX の改善
  • 独自の拡張機能に関するいくつかの高度な機能追加
  • スプライトの条件「アニメーションは再生完了した」の条件達成が早すぎる問題を修正
    • アニメーションが最後のフレームに入るとすぐに条件達成していたのを、最後のフレームが再生速度に基づいた時間だけ表示されるまで待機するようになりました。
  • JavaScript イベントの折り返しを修正
    • えっ……個人的には改悪なんですがw😥

などなど……

5.1.152 ~ 5.1.153

  • UI をすごく改善
  • デスクトップ版からもクラウドへの保存・開くが可能になった
  • プレミアム(有料)アセットパックをアセットストアから購入できるようになった
  • エディター内チュートリアルを刷新
  • プロフィールに寄付ページ(Ko-fi、Patreon、Paypal、Githubなど)へのリンクを掲載できるようになった
  • リーダーボードの色がカスタマイズ可能になった
    • ただしシルバーかゴールドのサブスクが必要。
  • プロジェクト作成時にゲームの解像度を選択できるようになった
  • 「2つの角度間の線形補間」(lerpAngle)式を追加
    • 2つの角度間の最短距離を直線的に補完します。
  • 物理エンジン2.0のバグを修正

などなど……

5.1.154 ~ 5.1.155

  • タイルマップオブジェクトを改善
    • 2D レベルエディターの LDtk に対応。詳しくは Wiki(英語)を参照。
    • Tiled の tmj と tsj ファイル(中身は JSON)にも対応。
  • ホーム画面からアセットストア(ショップ)へアクセスできるようになった
  • プロジェクト作成時にプレーヤー認証を有効にするオプションを追加
  • スプライトオブジェクトに式「フレーム数」を追加
    • 現在のアニメーションのフレーム数を返します。(総フレーム数であり現在再生位置ではない)
  • プロジェクトマネージャー(左から出てくるメニューね)のシーン、外部レイアウト、外部イベント、拡張機能の並び順をドラッグアンドドロップで変えられるようになった
  • インスタンスのプロパティパネルで、やたら細かい小数が入力される問題を改善
  • ゲーム内で自由に使える新しいフォントがアセットストアに登場。
    • なおプレビューして選べない上に日本語フォントはありません@3D_Aurel さんが即行で対応してくれました!😆日本語フォントは google fonts の japanese にあるぞ!🙌
  • エスポートしたゲームに含まれていない一部の拡張機能によりゲームがクラッシュするバグを修正

🤓 まとめ

見事なまでに、リリース⇒バグ発覚⇒再リリース、という流れになっていますが😅、数日で再リリースする素早い対応に感謝ですね。

個人的に嬉しい改善は、プロパティパネルに、やたら細かい小数が入力されなくなった点ですかね。几帳面な私にピッタリです👍

ここで紹介した点以外にも、色々と追加や変更がおこなわれているので、詳しくは GitHub の GDevelop Releases ページをチェック!

コメント

このブログの人気の投稿

ブラウザ上で動く GDevelop オンライン版を試してみた感想

GDevelop の「イベント」を正しく理解しよう

GDevelop インストールと日本語化の手順