【GDevelop】謎の新機能を利用している「パネルスプライトボタン」を使ってみよう!

全然アナウンスされていないので、まだ知らない方も多いかと思いますが、Version 5.1.150 からアセットストアに「Menu bottons」というアセットパックが追加されています。

このアセットパックには、なんと簡単にボタンが作れるという便利機能が含まれていて、シーンに追加するだけで、カスタマイズ可能なボタンのオブジェクトが追加されます!

さらに、オブジェクトの新規作成画面には「Panel Sprite Button」というオブジェクトが追加されるので、ここから新たなボタンを作成することも出来るようになります。

ボタンのカスタマイズ方法は簡単で、オブジェクトの編集画面を開くだけです。
するとプロパティ画面が既存のオブジェクトとは異なることに気が付くと思います。

ここでボタンのラベルやデザインなどを自由にカスタマイズすることができます。

もちろん専用の条件やアクションや式も用意されているので、すぐにイベントを組むことができます。(PANEL SPRITE BUTTON というカテゴリーです)

まだ開発中なので、エディターと実際のゲーム上での見た目に差異があったりするときもありますが😅、サクッとボタンが作れちゃう、とても便利な機能なのでどんどん活用していきましょう!

……。

さてイキナリですがw、ここからはこの謎のオブジェクトの正体について探っていきたいと思います🤓

唐突に現れたこの新オブジェクトですが、実は拡張機能として提供されているものだったりします。
なので先のアセットを追加したゲームには、その拡張機能「Panel Sprite Button」も合わせて追加されます。

(ちなみに、この拡張機能はアセットストアからボタンを追加する以外にも、他の拡張機能と同じように検索画面からも追加することができます)

そして、この拡張機能には「既存のオブジェクトを組み合わせた新たなオブジェクトを作成できる」という、謎の新機能が使われているようです。

例えば、「Panel Sprite Button」は「テキスト」オブジェクトと、3つの「パネルスプライト(9パッチ)」を組み合わせて作られています。

この機能について、4ian 氏は Discord で「この機能はまだ初期段階だし、かなり制限があるから、編集するためのインターフェイスはまだ用意していないよ。でも、徐々に拡張機能のビヘイビアやアクションのように利用できるようになる予定だよ😉」(パンダコ意訳)と話していました。

そもそもこの「既存のオブジェクトを組み合わせた新たなオブジェクトを作成できる」という機能の構想はかなり以前からあったようで、私が「Dialog Box」拡張機能を提出したときにも「あーやっぱ必要だね」って言ってましたわ今思い出したw

ということで、将来そんな便利機能が追加されるかもしれません。
今後の続報に期待です😆

コメント

このブログの人気の投稿

ブラウザ上で動く GDevelop オンライン版を試してみた感想

GDevelop の「イベント」を正しく理解しよう

GDevelop インストールと日本語化の手順