GDevelop 5.0.132 がリリースされました。

ただゲームが作れるだけではなく、リリース後のことも考えたサービスを提供してくれる GDevelop はスゴイ!(語彙力)

✨新機能

数回クリックするだけでゲームにランキング機能を追加できるようになりました(実験的)

まぁ「数回クリックするだけ」ってのは言い過ぎかと思いますがw、とても簡単にランキング機能(リーダーボード)が追加できます。

リーダーボードは「ゲーム ダッシュボード」の「ゲーム管理」内の「リーダーボード」タブから管理できます。

リーダーボードの管理方法についてはこちら(英語)

リーダーボードのアクションと条件についてはこちら(英語)

まだ実験的な段階ではあるものの、単位を設定できたりスコアをタイムとして表示できたりと、充分実用的だと思います。

強いて不満点を挙げるとしたら以下の様な点でしょうか……

  • 連続したスコア送信(1秒間に2回とか)は、かなりの頻度でエラーになるっぽい
  • 背景や文字色などのデザイン変更ができない
  • いたずら防止が必要ならプレイヤー名が他の人とかぶらないようにする必要がある
これらは今後の改善に期待です。

あと、Liluo.io のオンラインサービスなのでネットに繋がった状態でないと利用できない点にもご注意ください。

💝 改善点

Liluo.io ゲームプラットフォームの改善

GDevelop ユーザーのページが用意されました。
(例えば私の場合はこんな感じ:https://liluo.io/PANDAKO

あと「ゲームのURLを公開直前に確認・変更できるようになりました。」と発表されていますが、前からできてませんでしたっけ?🤔

UX/UIの改善

  • イベント名全体の表現方法の統一がおこなわれました。
  • オブジェクトとオブジェクトグループのリストを改善。
    • 両方のリストに同じドラッグアンドドロップ効果が使用されるようになりました
    • オブジェクトグループを複製できるようになりました。
    • 一度に複数のオブジェクトを移動できるようになりました。(リストでは複数選択できません。おそらくシーン上のインスタンスを選択することで、リストが複数選択されるのでそれを利用する必要があるかと思います😅)
  • Web 版の GDevelop でゲームを構築するときに、CORS などにより取得に失敗する画像の URL を指定できなくなりました。(ん?警告は出るけど出来るぞ?🤔)
  • パーティクルエミッタのアクション、条件、式の表現が改善されました。んが翻訳がまだです😅

エンジンとイベントの改善

  • タッチの条件を改善?(え?追加じゃないですよね😅)
    • これにより拡張機能はシーンのイベントシートと競合することなく、タッチイベントを処理できます。
    • 今までの条件も引き続き機能します。
  • 式の数学的ツールに、小数点以下の桁数を指定できる「小数点以下を切り上げ」「小数点以下を切り下げ」「小数点以下を四捨五入」が追加されました。
    • なお、現状では次の画像のように何を入力したら良いのか不明な状態です😔

      上の式には対象となる数値(例えば 1.23456 など)を入力し、下の式に小数点以下の桁数(例えば 2 など)を入力してください。
  • オブジェクトの数を確認するための条件と式を改善。
    • 条件と式に「シーン上のオブジェクトインスタンスの数」が新しく追加されました。
    • 従来の条件と式は「現在選択されているオブジェクトの数」に改名しています。
    • 新しく追加された「シーン上のオブジェクトインスタンスの数」は、絞り込みを考慮しないのが特徴です。
  • パーティクルエミッターに「画像を変更する」アクションを追加。
  • チャンネルのサウンドや音楽をフェードさせるアクションを追加。

⚙️ 拡張機能、🎨 リソース、🕹 サンプル

🕹 サンプル

  • 新しいプラットフォーマーのサンプルに差し替え。

🎨 リソース

  • GDevelop のロゴやサンプルのリソースをアセットストアに追加。
    みんな大好きレッドヒーロー(怖)
  • アセットストアに「Pixel Effects Pack」を追加。

⚙️ 拡張機能

  • 新しい拡張機能 🎉(それぞれサンプルも追加されています)
    • 「Pixel perfect movement」は「プラットフォームキャラクター」ビヘイビア、または「トップダウン移動」ビヘイビアを使用するオブジェクトが、ピクセルぴったりに停止できるようにします。
    • 「Object recolorizer (experimental)」はオブジェクトの特定の色を指定した色に変更できる拡張機能です。まだ実験段階のようです。
    • 「Platformer trajectory」はプラットフォーマーのジャンプ軌道をシェイプペインターで描画できる拡張機能です。
  • 更新された拡張機能 🛠️(詳細は割愛)
    • 「Smooth Camera」
    • 「Pathfinder」ジップラインで飛ぶ準備はいい?僕はOKだ!では無く、そんな拡張機能はありませんw😅もしかしたら「経路探索(Pathfinding)」または「Draw Pathfinding」の事かもしれません。
    • 「Draggable Slider」
    • 「Cursor Type」

🐛 バグの修正

  • 新規にプロジェクト作成すると、すぐに保存されるようになりました。
    • これによりサンプルから作成したゲームを登録できないという問題を回避できるようになりました。
  • 初めてゲームを公開するときに、ゲーム情報の「キーボード対応」などのチェックボックスがランダムにチェックされる問題を修正。
  • 「ゲーム ダッシュボード」のボタンを整理して「ゲーム管理」ボタンにまとめました。これによりボタンがはみ出してしまう問題を解決しました。
  • 空のエフェクトがレイヤーに追加されたときのクラッシュを修正。

🤓 まとめ

意外と作成と管理がめんどいランキング機能が、無料で簡単に利用できちゃうなんて、かなり嬉しいサービスですね😆
なにげにあの天下の Unity さんにも無い神サービスですよw

さらに今回は「小数点以下を四捨五入」や「シーン上のオブジェクトインスタンスの数」など、かゆいところに手が届く嬉しい機能も追加されて、かなり充実した内容となっています。

ここで紹介した点以外にも、色々と追加や変更がおこなわれているので、詳しくは GitHub の GDevelop Releases ページをチェック!

コメント

このブログの人気の投稿

ブラウザ上で動く GDevelop オンライン版を試してみた感想

GDevelop の「イベント」を正しく理解しよう

4ian 氏が Google 辞めて GDevelop に全振りする件